© 2019 SHIELDEX Co.,Ltd.

SHIELDEX 株式会社

〒140-0002
東京都品川区東品川2-2-24
天王洲セントラルタワー3F
03-6712-9950 ​
(平日10:00~17:00)
ぷr

まずはSHIELDEXをお試しください。

当社のプライバシーポリシー​をご確認いただき、同意の上ご利用ください。

標的型攻撃ランサムウェア対策を実現

SHIELDEXの

「無害化ソリューション

 

無害化概念

ネットワーク分離環境で外部流入ファイルを 無害化技術で無害化し、
再構成して安全なコンテンツだけ内部ネットワークに転送

SHIELDEX特徴

ネットワーク分離環境に最適化
ネットワーク分離セキュリティ強化

ネットワーク分離環境で主な経路を通じて流入する外部流入ファイルを無害化して安全なファイルで再構成

既存セキュリティ方式の
限界点を補完

無害化技術で文書構造分析方式によって既存ソリューションが探知できない文書ファイル形態の悪性コードに対応

内部情報の流出防止
ランサムウェア対応

無害化技術で悪性ファイルを防いで安全なファイルで内部に流通、悪性コードによるセキュリティ威嚇原因遮断

無害化技術

文書構造分析方式をベースに
文書ファイル内のテキスト、イメージ、図表、

グラフなどvisible Contentsに隠れている悪性コードを除去し、
​安全性が保障されたコンテンツのみ抽出して文書を再構成する技術

文書フォーマット確認

対象文書のフォーマットを確認した後、サポートしない拡張子の場合遮断
文書の拡張子と実際の文書フォーマット構成が異なる場合にも、拡張子の偽造・変造と判断して搬入遮断

文書構造分析

​文書構造が一般的な文書形態と異なるか、異常なコンテンツが含まれている場合、異常なコンテンツを除去するか、ファイル自体を根本的に遮断

構成要素の抽出および検証

​文書内に悪性コードが挿入される可能性があるMacro、ActiveX、Script, Embedded Objectsなどを抽出して除去、コンテンツの抽出が正常に行われない場合、搬入遮断

再構成および検証

​​悪性コードがないきれいで安全なコンテンツだけで文書再調合、原本と同じフォーマットの文書ファイルで再構成

SHIELDEXターゲット

インターネット分離環境でファイル無害化に対するセキュリティ強化を考慮している組織

APT、ランサムウェアなどサイバー威嚇に対する対応方案を考慮している組織

Zero Dayなど知られていない攻撃に対する強化されたセキュリティ対策の構築が必要な組織